地元で唯一の教会がある結婚式場|アール・ベル・アンジェ室蘭

アール・ベル・アンジェ室蘭 北海道・室蘭

会場の雰囲気やスタッフの接客

私の地元では唯一の教会がある式場で、父のためにバージンロードを歩きたいと思い他の式場見学へは行かずに決めました。とてもすてきな教会で、神父様も優しそうで素敵な方でした。

スタッフの方たちの応対も、フレンドリーだけど砕けすぎず、とても親身になって相談にのってくださり、式の一週間前に妊娠が発覚しつわりがあった私のために、急遽椅子に座っての結婚式になりましたが、つわり対策の飴や飲み物を急ぎで用意してくださったりととても良くしていただきました。

当日の様子

当日はまだ肌寒い季節だったとはいえ、天気も良く私のつわり以外はスムーズに式も進みました。出てくるお料理や飲み物も、打ち合わせ通りとはいえ滞りなくでしたし、私の弟によるサプライズの連発で、驚いたとともに感動でひっきりなしに泣いていたような気がします。

遠方に住んでいる弟の友人も一緒になって、余興のダンスを披露してくれたりと本当にうれしいことだらけでした。お願いしていた子供用の食事もとてもかわいく、子供が食べそうなものばかりをプレートで出してくださったので、親御さんや子供たちからの評判も良かったです。選曲してかけていただいた音楽も、ちょうど盛り上がるところと登場が重なって、歌手になったような最高の演出もしていただいて、式場では当たり前のことかもしれませんが、式を挙げた側からするととても良い思い出になりました。

唯一いまだに心残りなこと

ドレスも自分の気に入ったドレスや虹色のカラードレスなどを着られて満足でしたが、ヘアメイクだけがいまだに納得がいかないというか、思い出しても少し腹立たしい気持ちになります。打ち合わせの時に話をした方は臨月の妊婦さんで、実際にヘアメイクを担当してくださるのは別の方と言われたので、「細かいことも含めて話せるので直接その方とお話したいんですが」と言ったところ「当日は私も来ますし、しっかり内容を伝えるので安心してください」と言われました。

式一週間前の前取りや、式当日のヘアメイク時にその方の姿はなく、いたのは60近くのおばさまで、私が伝えたセットには似てるものの、細かいところは古臭いアレンジで、こうしたいと伝えていた大事なところにも「こんなのやっても実際はお客さんから見えないしあまりねぇ…」と文句を言われる始末。こんなの呼ばわりにも腹立たしかったですが、えらそうなことを言うわりに私がしてほしいことの一つも満足にやってもらうことができませんでした。

前取りのときはまだ時間があったので直してもらってなんとか。といった感じでしたが、当日は時間があまりないので本当にがっかり、とくにウェディングドレスのときのヘアメイクなんか今写真を見返しても最低で、ただ巻き髪にして花冠をかぶせるだけなのに、だらしのない変な巻き髪にされました。今思うとこんなに一生懸命文句が言えるなら、やはり深く根に持っているということなんでしょうか。

でもその後アンケート用紙をかく機会があったのに、つわりがひどくてそれどころではなく式場に思いを伝えることもできないまま今日にいたります。それ以外は本当に素敵な式になっていただけに、とても残念でなりません。

総合点で言うと50点と言える結婚式でした|ホテル京セラ

ホテル京セラ 鹿児島県霧島市

建物は綺麗で満足度は高い

私が結婚式を挙げることになったこのホテルはあの有名な建築家である黒川紀章氏による設計に基づき建てられたようです。ホテルのロケーションはあまり交通の便のよいところにはありませんが、周囲には殺風景な風景が広がっているということもあり、建物自体はかなり際立って見えます。外観はとてもいいです。そして一旦、ホテルに入ると吹き抜けの空間が広がっており、明るさも十分あり、とても清々しい気分にさせてくれるので結婚式場としてはいい感じのところです。また、ロビーと同じ階には素敵なレストランもあり、休憩所として使うことができるので悪くありません。よって、全体の第一印象はかなり良いです。

料理は新鮮で地場産の食材も出るので満足度は高い

結婚式の料理はもちろん選択できますが、地産地消できる県であるがゆえに、地元の素材をうまく使いつつ、とてもおいしい料理を提供していただけました。他県からくる人間にとっては料理は楽しみの一つだったと思います。ですから、料理に関しては比較的よかったと思います。ただ、料理はよいのですが、スタッフの方々の動作に少しぎこちなさを感じました。

美容スタッフには不満あり

結婚式場の場となるホテルの外観、室内や会場、そして料理までは比較的よかったのですが、肝心の主役である花嫁にかかわる美容スタッフは最悪でした。着付けはともかく、髪の毛のアレンジなどでは私は不満がいっぱいありました。時間がかかる上に満足度はかなり低かったので、なんだかとても残念な気がしました。化粧の仕方もあまり好きではありませんでした。かなり厚化粧な上に、美容師さんの自己満足で終わった気がします。よって美容面での評価はかなり低いです。

衣装は最低です

本当にこれはびっくりしました。結婚式では3回衣装直しをしましたが、衣装は自分で持参すると持ち込み料金がかかるため、とりあえずその式場で選択しました。時間的にも距離的にもまったく私自身時間がなかったということもあり、しっかりしたホテルだから衣装もある程度は揃えているだろうと思ったのが失敗でした。少ないセレクションの中、せっかく気に入った柄の衣装が見つかったと思ってもサイズが合わないものがほとんどでした。挙句の果てには、新郎側の親の好みの衣装を取り入れることになったりと、衣装に関しては今でもかなり後悔しています。

結婚式自体は多くのゲストや親族で円満に事が運びましたが、やはり一番の主役である花嫁の化粧と衣装に不満をもたせてしまうこの会場はあまりお勧めできません。これだけきれいなホテルなのだから、衣装くらいもっとサイズも種類も豊富に揃えてほしいですよね。

色々なトラブルに対処してもらえた|横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

神奈川県横浜市 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

当日生理になってしまった

当日生理になってしまった結婚式前日には全ての準備、そして体調を整えて、あとは当日の晴れの舞台を待つのみでした。新郎新婦は朝早くから結婚式場に行かなければならず、緊張もあってかなり早朝に目が覚めました。

その時なんとなく体に違和感を感じたんです。そしてトイレに行ってみると、なんと結婚式当日に生理になってしまったんです。もうこの時のショックさといったら・・・。

当時私は生理が来たら1日目にお腹が痛くなることがよくありました。どうか今日だけは生理痛が来ませんように、と祈ながら結婚式場に向かいました。

結婚式場でヘアーメイクやドレスなどの着付けをしている時に、だんだんとお腹が痛くなってきました。このままだとお腹が痛くて、披露宴どころじゃなくなるんじゃないかと思い、介添えの方に生理になってしまったこと、生理痛がとても辛いことを伝えました。ちょうど生理痛の薬を持っていたので、それを式の前に飲んでおきました。

また、介添えの方は着替えのちょうど良いタイミングで、今ならトイレに行けますが、今のうちにトイレに行っておきますか、と声を掛けてくれました。やはり自分の体調や不安なことなどは、遠慮なく介添えの方に伝えておくと安心だと思いました。生理痛の薬を飲んだ後は生理痛がかなり軽減したので、それはそれで良かったです。

披露宴の途中でつけまつげが取れてしまった

突然の生理で始まった披露宴ですが、披露宴の途中で目に違和感を感じました。まばたきをすると目に違和感を感じるので、新郎に何気なく聞いてみると、つけまつげが片方取れかかっていると。

友達との写真撮影もたくさん控えていますし、何より気になって仕方ないので、この件についても介添えの方にすぐに伝えました。すると裏手でヘアメイクさんに連絡をしてくれ、ゲストが見えない場所で迅速につけまつ毛を付けなおしてもらえました。

とてもスピーディーな対処で、ゲストにも全く気付かれていませんでした。本当に様々な方に頼りっぱなしで、結婚式が滞りなく出来たのも皆さんのお力添えだと心から思いました。細かいトラブルや予期せぬことがが色々とありましたが、今にしてみればとても良い思い出となっています。