ハミングプラザ VIP(ビップ) 新潟で音楽好きの集まる、音楽好きのための結婚披露宴

友人の結婚披露宴に参加した時の話です。普通の流れの披露宴ではつまらない。何か変わったサプライズはないものか。

友人総出で知恵を絞りあったところ「生バンド演奏」という案が浮上しました。主役たちも音楽が好きでバンドを組んでいた仲間でもありましたので、この案に決定しました。

結婚披露宴でなんの曲をやる?選定作業に一苦労

生バンド演奏をやることには決まったのですが、一番難しかったのが曲の選定でした。

参列するのは、我々のような年代だけでなく、小さいお子様から年配の方まで。万人受けするような曲を探さなければいけません。

今ヒットしている曲や、バンド演奏の定番、結婚式の定番と様々な候補が上がりますが、中々条件を満たす曲はありません。それに、女性陣(新婦側)の友人代表たちも乗っかりたいと話を持ってきたので、我々の分、女性陣の分、念のためのアンコールと3曲必要となりました。余興でみんな真剣には聞かないだろうという意見もありましたが、そこは音楽に触れてきた我々のポリシーが許しません。真剣に決めていきました。式まで時間があることが幸いしてくれ、課題曲が決まりました。

1曲目は女性のボーカルを立て、童謡「森のくまさん」をロック調にアレンジ、2曲目は女性陣からのリクエストでももクロの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、アンコール用には我々が一番最初にコピーした曲(昔新郎とバンドを組んだ時の)ブルーハーツの「青空」。

決定後は各人が練習に励みました。式場にも許可をとり、友人の余興の部分だけ主役の二人には違うタイムスケジュールを渡すようにもお願いしました。

当日の出来事。会場全体で大盛り上がり。

さて本番当日。これは覚悟していました。楽器の搬入で主役達に余興で何をやるのかばれてしまいました。しかし、詳しくは伝えなかったため、生バンドの演奏は男性側の余興と考えていたようです。女性陣がそれに乗っかるとは一言も言わなかったので。

式が始まり、友人たちの余興の時間になりました。セットが組まれているため、会場内にはバレバレです。我々新郎側の友人からのスタートとなりました。面白おかしくアレンジしたので「熊さん」は上々の受け。小さいお子様たちも口をポカーンと開けたまま、こっちを見て、最後にはノリノリではしゃぎまわっていました。

我々の演奏が終わり、ここから台本と違うことになります。ちょっとしたMCのあと、女性陣による余興が始まります。台本嬢は違うタイムスケジュールでした)。会場全体がざわめき、「なんだなんだ?」という感じになりました。そりゃそうです。女性陣のリクエスト曲は結構派手な曲です。オープニングからぶっちぎります。

女性陣が立ち上がりステージ前に。一生懸命練習してきたのでしょう。ぴったりと息を合わせ、踊っています。演奏しているこちらも気分がいいです。あまりにも本格的すぎる余興に会場はオールスタンデイング。盛り上がりは最高潮となり、予想通りのアンコール。用意していた曲は、バラード調でしたので、会場をクールダウンするにはもってこいの曲です。終わった後の拍手が鳴りやまない状態は、ライブよりも心に染みた感じがします。

せっかくの1度きりのイベント。サプライズを用意して思いで深いものに。

人生でそう何度も経験できないイベントが結婚式です。主役はもちろん、まぬかれる側も同様です。せっかくですので楽しんじゃいましょう。
でも、あんまりハメをはずさない、常識の範囲でお願いしますね。

とても満足のいく結婚式が挙げられました|横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ


https://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズを選んだ理由

かなり前に横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで結婚式を挙げました。

結婚式場選びをする時に横浜市内で結婚式をすることは決定していたので、様々な結婚式場を見に行ったのですが、ベイシェラトンが自分の中で一番ピンと来た会場でした。

そして色々なことを総合して、結局ファーストインプレッションが良かったこの会場で結婚式を挙げることにしました。

ベイシェラトンを選んだ理由としては、結婚式場が横浜駅から直結していることが一つに挙げられます。

多くの参列者が電車で来ることがわかっていたので、駅から行きやすい会場のほうがゲストに負担がかけにくいと思ったことです。

参列者の中には高齢の方もおり、あまりアクセスが悪いところだと申し訳ないかな、という気持ちもありました。

その他の理由としては、見積もりをとってもらった時に自分たちの予算の中でなんとか思い通りの式が挙げられそうだったからです。

もちろんその他にも色々な理由がありますが、特にこの二つのことが大きな決め手となって、ベイシェラトンで結婚式をすることになりました。

結婚式当日はなんと雪だった

結婚式の天気はなんと珍しいことに雪でした。

前日の夜から天気予報は雪の模様で、電車で来られる方が無事会場に到着出来るかが心配で心配で、なかなか夜は寝付けませんでした。

各路線とも遅延があったものの、なんとか欠席者はなく、全員が時間内に参列してくれました。

車で会場に来た方もいて、かなり早めに自宅を出発されたそうです。本当に申し訳ないと思いました。

早朝の天気は雪だったものの、結婚式が終わる頃には雪は少しおさまっていて、帰る頃にはそこまで影響なかったそうです。

冬の結婚式にはこのような予期せぬこともあるんだな、と自分たちの配慮のなさを痛感しました。

結婚式は滞りなく終了しました

まさかの天候トラブルで始まった結婚式でしたが、当日は特に何のトラブルもなく無事に終了しました。

さすが一流ホテルのスタッフさんらしく、ゲストへの様々な配慮が行き届いており、安心して結婚式を終えることが出来ました。

ここで結婚式場を探している人にアドバイスなのですが、必ず式場を決定する前にブライダルフェアの試食会に参加しておくのがオススメです。

ゲストの人に楽しんでもらうためには式場の雰囲気も大切ですが、美味しい料理も外せません式場の内容が普通であっても、もてなす料理が美味しければ「いい結婚式だった」という言葉をいただけますし、ゲストの満足度は高いものになるでしょう。

結婚式が終わった後は近くの会場で二次会をしたのですが、この時道路上には雪がまだ残っており、二次会の会場のスタッフさんが私たちのために道路上の雪を一生懸命雪かきをしてくれました。

二次会の会場のスタッフさんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいで、みなさんの温かさを感じた結婚式当日となりました。

福岡でお得にできる結婚式|ホテルレガロ福岡

http://hotel-regalo.com/

お得に結婚式がしたい

福岡で結婚式場を探すうえで、条件がありました。新幹線の駅や飛行場が近いこと、結婚式の費用を押さえつつ見栄えのする結婚式ができること、送迎バスを手配してくれること、色々プランの中にセットされているものがあることなどです。この条件をすべて満たしてくれたのが、ホテルレガロ福岡でした。

私たちは遠距離恋愛の末に結婚したために、結婚式にはできるだけお金をかけたくなかったのです。私は関西に住んでおり、主人は東京でした。主人の実家が福岡で、招待客はバラバラのところから来てくれるので、一番多い福岡で結婚式を行うことにしました。

打ち合わせの回数を最低限にしてもらうため、色々なものがセットになっているプランはとても助かりました。追加したのは、記念写真の枚数を増やしたこととキャンドルサービスと料理をランクアップしたことです。

決めることが少なくて楽でした。費用は、最初に提示されたものからほとんど変わらなかったので、予算以下でできました。

また、ホテルをほとんど貸切でできるところも良い点です。一般のお客さんが少ないホテルなのでできることです。

ホテルレガロ福岡で自分たちの希望を実現

ウエディングケーキは、チョコレートケーキでした。切り分けてみんなで食べるタイプです。ホテルの人は、チョコレートケーキは見栄えはしないと言われましたが、どうしても譲れず選びました。料理の中にデザートやフルーツが入ってたので、苦みのあるチョコレートケーキはぴったりで好評でした。

白のウエディングドレスにチョコレートケーキは、色合いが逆なのでとても見栄えしました。みんな美味しかったと言ってもらえ、味も大変好評でした。

ホテルレガロ福岡の一番の思い出

私が一番思い出に残っているのは、お色直しでの退場です。2回お色直しをしたのですが、1回目は友達のエスコートで退場をし、2回目は母のエスコートで退場できたことです。二人とも人前に出るタイプではないのですが、私の隣でスポットライトを浴びてくれました。

結婚式では、時間に追われてなかなか話ができません。この退場で隣にいてくれたことで、心強くほっとできた瞬間でした。この演出は、ホテルの提案でした。主人ではなく、誰が好きな人と一緒に退場をするということです。友達や親せきの結婚式に何度も出席していますが、退場シーンは全く印象はありません。自分の結婚式だったからか、とてもうれしい思い出になっています。

和婚で新しい門出|桜坂観山荘

http://www.kanzan-wedding.net/

【和婚を選んだ理由】

私たち夫婦の結婚式は、和にこだわりました。真っ白なチャペルでの純白のドレスを着ての挙式、鮮やかなカクテルドレスでの披露宴にもずっと憧れていました。

しかし、大好きな女優さんの結婚式の着物姿を見て、考えは変わりました。やっぱり、白無垢をきてみたい!カクテルドレスに変わる鮮やかな打掛をきて結婚式を挙げたいとおもうようになりました。

主人もどちらかというと古風な雰囲気を好むので、和婚にしようと2人で決めました。そして挙式、披露宴ともに『和』にこだわるために、理想の結婚式場を選ぶことにしました。

和婚にぴったりの桜坂観山荘

ブライダルサイトを検索したり、ブライダルサロンに相談して、式場探しを主人と2人で行いました。以外にも、想像している和婚にぴったりの式場が少なく驚きました。数少ない和婚にぴったりの式場探しはかなり悩みました。

その中でブライダルサロンの方からお勧めされ、探しみつけたのが徹底的に和にぴったりの式場が福岡市にある桜坂観山荘でした。有名な料亭でありながら、和にぴったりの披露宴も行える式場でした。

落ち着いた雰囲気の式場は、和にふさわしい畳のお部屋でした。照明も落ち着いた雰囲気でした。まさか料亭での結婚式になるとは、お客様もびっくりされていたようでした。

和にこだわったテーブル作りとBGM

和にこだわり、テーブルのコーディネートにも悩みました。和になるようなお花のカラー合わせは、赤と黄色で鮮やかに仕上げました。

そして、竹のうつわを利用して頂きました。シックになりすぎないように、お花屋さんと打合せも入念に行い、華やかなテーブルコーディネートが、でき満足でした。また、BGMも和にこだわりました。ゆっくりと和食に合うような選曲をしてもらい、琴の音色が入るものを選びました。

満足のいく結婚式

いろいろと和にこだわり、珍しい結婚式になりました。特に年配のお客様には、こんな結婚式も落ち着いてよかったと言って頂きました。和にこだわり、着物やヘアメイクも楽しめることができました。引菓子や引出物も和にしました。和にとことんこだわり、私たち夫婦の結婚式は私たちらしい思い出を残すことができました。

準備期間も楽しい!サプライズありの結婚式|仙台ロイヤルパークホテル

http://www.srph.co.jp/

私たちが最終的に結婚式の会場に選んだのは、仙台ロイヤルパークホテルでした。

ですが初めは結婚式場や、レストラン、ゲストハウス、ホテルとすべてを検討の対象にしていましたので見学もたくさんしました。

最近はどこもブライダルフェアをやっていて、当日の料理の試食ができたり、引き出物の実物を見ることができたりと様々なイベントを開催しています。

それに二人で参加するのが、一種のデートになっていて、休みの日が待ちどおしかったです。

どこも料理には力を入れていて、試食といってもコースで出されるところもあります。

また、引き出物やブーケなどの実物を見せてもらえたり、協会の疑似結婚式に参加させてもらえたり、ドレスの試着ができたりと1日中楽しめました。

手作りを楽しむ!節約にもなる小物作り

私たちはできるだけ、自分たちでできるところは自分たちでというスタンスでした。

費用の節約の意味もありましたが、自分たちで作ったもので結婚式を挙げた方が、思い出に残ると思ったからです。

当日出席してくださる方に、二人のプロフィールを書いた冊子をお配りしましたが、それは自分たちで作りました。

好きなものやお互いに宛てた言葉、感謝の気持ちや直してほしいところなど、確認していくと実は好きだと思っていたものがそうでもなかったとか、意外な発見がありました。

あとはウェルカムボードとリングピロー、テーブルに置くメッセージカード。ありがちですが、自分で作るとやっぱり楽しいし、終わった後も綺麗に飾ってあります。

当日が差し迫ってくると、だんだん焦ってきて喧嘩もしましたが、それもいい思い出になりました。

感動の結婚式!思い出に残るラスト

当日は天気のとてもいい日でした。春だったのでちょうどスギ花粉の季節で、それが大変だったことを覚えています。

今思えば、自分も花粉症なのになぜその季節を選んでしまったのかは謎です。それが一番マイナスな思い出かもしれません。

参列者の方の中にも花粉症の人がいて、ちょっと申し訳なかったなと思いました。それでも結婚式は最高で、チャペルでの荘厳な式を希望していた私は、思い通りのイメージで結婚式をできたので大満足でした。

披露宴も、余興は少なくして食事や歓談を楽しんでもらう形式にしたので、私たちもゆっくり参列者とお話ができたし、料理もたくさん食べられました。

中でもデザートビュッフェにこだわっていて、新婦ながら私もみんなと一緒にビュッフェのテーブルに並び、ケーキをとりわけてもらっらって大満足です。

今思えばそんな結婚式には出席したことがないので、ちょっと変わってたと思いますが、私たちにとっても参列してくださった方にとっても、そのちょっと変わったところが思い出になったと思います。

あとは退場する直前のあいさつの場面。

夫が参列してくださった皆様に挨拶をする場面でしたが、その挨拶が終わった後にサプライズがありました。新婦が両親に読む手紙と同じように、新郎が新婦あての手紙を読むサプライズがあったのです。

出会ったときのこと、いっしょに暮らし始めた時のこと、結婚式の準備とこの日を迎えられたことの喜び。そんな手紙を読まれて、号泣してしまいました。その手紙は、今でもすぐに読み返せるところに、大切にしまっています。結婚式の思い出の中で、一番の思い出になりました。

地元で唯一の教会がある結婚式場|アール・ベル・アンジェ室蘭

アール・ベル・アンジェ室蘭 北海道・室蘭

会場の雰囲気やスタッフの接客

私の地元では唯一の教会がある式場で、父のためにバージンロードを歩きたいと思い他の式場見学へは行かずに決めました。とてもすてきな教会で、神父様も優しそうで素敵な方でした。

スタッフの方たちの応対も、フレンドリーだけど砕けすぎず、とても親身になって相談にのってくださり、式の一週間前に妊娠が発覚しつわりがあった私のために、急遽椅子に座っての結婚式になりましたが、つわり対策の飴や飲み物を急ぎで用意してくださったりととても良くしていただきました。

当日の様子

当日はまだ肌寒い季節だったとはいえ、天気も良く私のつわり以外はスムーズに式も進みました。出てくるお料理や飲み物も、打ち合わせ通りとはいえ滞りなくでしたし、私の弟によるサプライズの連発で、驚いたとともに感動でひっきりなしに泣いていたような気がします。

遠方に住んでいる弟の友人も一緒になって、余興のダンスを披露してくれたりと本当にうれしいことだらけでした。お願いしていた子供用の食事もとてもかわいく、子供が食べそうなものばかりをプレートで出してくださったので、親御さんや子供たちからの評判も良かったです。選曲してかけていただいた音楽も、ちょうど盛り上がるところと登場が重なって、歌手になったような最高の演出もしていただいて、式場では当たり前のことかもしれませんが、式を挙げた側からするととても良い思い出になりました。

唯一いまだに心残りなこと

ドレスも自分の気に入ったドレスや虹色のカラードレスなどを着られて満足でしたが、ヘアメイクだけがいまだに納得がいかないというか、思い出しても少し腹立たしい気持ちになります。打ち合わせの時に話をした方は臨月の妊婦さんで、実際にヘアメイクを担当してくださるのは別の方と言われたので、「細かいことも含めて話せるので直接その方とお話したいんですが」と言ったところ「当日は私も来ますし、しっかり内容を伝えるので安心してください」と言われました。

式一週間前の前取りや、式当日のヘアメイク時にその方の姿はなく、いたのは60近くのおばさまで、私が伝えたセットには似てるものの、細かいところは古臭いアレンジで、こうしたいと伝えていた大事なところにも「こんなのやっても実際はお客さんから見えないしあまりねぇ…」と文句を言われる始末。こんなの呼ばわりにも腹立たしかったですが、えらそうなことを言うわりに私がしてほしいことの一つも満足にやってもらうことができませんでした。

前取りのときはまだ時間があったので直してもらってなんとか。といった感じでしたが、当日は時間があまりないので本当にがっかり、とくにウェディングドレスのときのヘアメイクなんか今写真を見返しても最低で、ただ巻き髪にして花冠をかぶせるだけなのに、だらしのない変な巻き髪にされました。今思うとこんなに一生懸命文句が言えるなら、やはり深く根に持っているということなんでしょうか。

でもその後アンケート用紙をかく機会があったのに、つわりがひどくてそれどころではなく式場に思いを伝えることもできないまま今日にいたります。それ以外は本当に素敵な式になっていただけに、とても残念でなりません。

総合点で言うと50点と言える結婚式でした|ホテル京セラ

ホテル京セラ 鹿児島県霧島市

建物は綺麗で満足度は高い

私が結婚式を挙げることになったこのホテルはあの有名な建築家である黒川紀章氏による設計に基づき建てられたようです。ホテルのロケーションはあまり交通の便のよいところにはありませんが、周囲には殺風景な風景が広がっているということもあり、建物自体はかなり際立って見えます。外観はとてもいいです。そして一旦、ホテルに入ると吹き抜けの空間が広がっており、明るさも十分あり、とても清々しい気分にさせてくれるので結婚式場としてはいい感じのところです。また、ロビーと同じ階には素敵なレストランもあり、休憩所として使うことができるので悪くありません。よって、全体の第一印象はかなり良いです。

料理は新鮮で地場産の食材も出るので満足度は高い

結婚式の料理はもちろん選択できますが、地産地消できる県であるがゆえに、地元の素材をうまく使いつつ、とてもおいしい料理を提供していただけました。他県からくる人間にとっては料理は楽しみの一つだったと思います。ですから、料理に関しては比較的よかったと思います。ただ、料理はよいのですが、スタッフの方々の動作に少しぎこちなさを感じました。

美容スタッフには不満あり

結婚式場の場となるホテルの外観、室内や会場、そして料理までは比較的よかったのですが、肝心の主役である花嫁にかかわる美容スタッフは最悪でした。着付けはともかく、髪の毛のアレンジなどでは私は不満がいっぱいありました。時間がかかる上に満足度はかなり低かったので、なんだかとても残念な気がしました。化粧の仕方もあまり好きではありませんでした。かなり厚化粧な上に、美容師さんの自己満足で終わった気がします。よって美容面での評価はかなり低いです。

衣装は最低です

本当にこれはびっくりしました。結婚式では3回衣装直しをしましたが、衣装は自分で持参すると持ち込み料金がかかるため、とりあえずその式場で選択しました。時間的にも距離的にもまったく私自身時間がなかったということもあり、しっかりしたホテルだから衣装もある程度は揃えているだろうと思ったのが失敗でした。少ないセレクションの中、せっかく気に入った柄の衣装が見つかったと思ってもサイズが合わないものがほとんどでした。挙句の果てには、新郎側の親の好みの衣装を取り入れることになったりと、衣装に関しては今でもかなり後悔しています。

結婚式自体は多くのゲストや親族で円満に事が運びましたが、やはり一番の主役である花嫁の化粧と衣装に不満をもたせてしまうこの会場はあまりお勧めできません。これだけきれいなホテルなのだから、衣装くらいもっとサイズも種類も豊富に揃えてほしいですよね。

色々なトラブルに対処してもらえた|横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

神奈川県横浜市 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

当日生理になってしまった

当日生理になってしまった結婚式前日には全ての準備、そして体調を整えて、あとは当日の晴れの舞台を待つのみでした。新郎新婦は朝早くから結婚式場に行かなければならず、緊張もあってかなり早朝に目が覚めました。

その時なんとなく体に違和感を感じたんです。そしてトイレに行ってみると、なんと結婚式当日に生理になってしまったんです。もうこの時のショックさといったら・・・。

当時私は生理が来たら1日目にお腹が痛くなることがよくありました。どうか今日だけは生理痛が来ませんように、と祈ながら結婚式場に向かいました。

結婚式場でヘアーメイクやドレスなどの着付けをしている時に、だんだんとお腹が痛くなってきました。このままだとお腹が痛くて、披露宴どころじゃなくなるんじゃないかと思い、介添えの方に生理になってしまったこと、生理痛がとても辛いことを伝えました。ちょうど生理痛の薬を持っていたので、それを式の前に飲んでおきました。

また、介添えの方は着替えのちょうど良いタイミングで、今ならトイレに行けますが、今のうちにトイレに行っておきますか、と声を掛けてくれました。やはり自分の体調や不安なことなどは、遠慮なく介添えの方に伝えておくと安心だと思いました。生理痛の薬を飲んだ後は生理痛がかなり軽減したので、それはそれで良かったです。

披露宴の途中でつけまつげが取れてしまった

突然の生理で始まった披露宴ですが、披露宴の途中で目に違和感を感じました。まばたきをすると目に違和感を感じるので、新郎に何気なく聞いてみると、つけまつげが片方取れかかっていると。

友達との写真撮影もたくさん控えていますし、何より気になって仕方ないので、この件についても介添えの方にすぐに伝えました。すると裏手でヘアメイクさんに連絡をしてくれ、ゲストが見えない場所で迅速につけまつ毛を付けなおしてもらえました。

とてもスピーディーな対処で、ゲストにも全く気付かれていませんでした。本当に様々な方に頼りっぱなしで、結婚式が滞りなく出来たのも皆さんのお力添えだと心から思いました。細かいトラブルや予期せぬことがが色々とありましたが、今にしてみればとても良い思い出となっています。